P1トップ画面の説明番号

1,Source Device

入力とする映像を選択します。プルダウンからカメラまたは動画データな
どを選択して「Load Movie」でモーションキャプチャーが始まります。

2,Avatar

アバターを変更します。デフォルトで2つのアバターを用意しています。「Add Avatar」でアバターを追加するためのウィンドウが開きます。(→P2へ)「Avatar Setting」で追加したアバターの設定を変更するウィンドウが開きます。(→P3へ)

3,Item Setting

GLTF データ、GLB データを配置するためのウィンドウが開きます。(→P4へ)

4,Record

モーションデータを保存します。クリックすると記録が始まり、ボタンが「Recording」に変わります。もう一度クリックすると記録が終わり、保存先を選択して保存します。Configuration ウィンドウの Record タブ(P8)から各種設定を変更できます。

5,Configuration

各種設定をするウィンドウが開きます。(→P5 へ)

6,Close Menu

ヘッダーメニューを非表示にします。もう一度表示する場合は ESC キーまたはスペースキーを押してください。

7,FPS

モーションキャプチャー実行中のフレームレートを表示します。

 


8,動画操作

1で動画データを選択している時のみ表示されます。「Pause」で動画を停止します。もう一度押すと再開します。停止中にフレーム数を入力して「Skip」でそのフレームまで移動します。

 


9,の説明番号

9,カメラの入力画像サイズ

1でカメラを選択している時のみ表示されます。プルダウンから解像度を選択すると反映されます。入力のフレームレートは 30fps が上限です。
補足:解像度が低くなるとモーションキャプチャーの精度は少し変わりますが(精度が落ちる場合もありますが、上がる場合もある)、動作自体は軽くなります=姿勢推定のフレームレート数が上がります。